床暖リフォーム

床暖リフォームはリフォーム一括見積もりサイトを利用しよう

床暖リフォーム一括見積もり

 

毎年寒い冬がやってきますが、沖縄から北海道まで冬といってもかなり気温差があります。建物自体の機密性もあるので一概にどれがいいのかとはいえませんが、家の中は温かいにこしたことはありません。北海道は断熱性に優れ、沖縄は通気性に優れた建物になっていますが、そのほかでは似たり寄ったりではないでしょうか。暖房器具として多くの家庭で使われているものにエアコンがあります。なくてはならない存在で空気を汚さず、乾燥対策さえすれば快適な生活ができます。雪国ではエアコンのパワーだけでは寒すぎてストーブやヒーターを活用しさらに温かく過ごしておられます。冬になると日本ならではのコタツもあり、家族みんなが集まる快適な居間に変化するところもあります。

 

暖房設備が整っている部分とそうでない部分の温度差がある場合も多く、寒暖差で体調を崩したり、浴室やトイレでは血管に負担がかかりすぎ倒れて亡くなるケースもあるので注意しないといけません。暖かい空気は上に上がるので下は寒く天井部分は暖かい、そのような現象が起きるので勉強しているとのぼせてしまうということもあるのです。温かく快適に過ごすには頭寒足熱と昔から言われていて、足元を温かくするように心がけましょう。暖房器具を考えると床暖房が理にかなっています。リフォームを考えている人は床暖房も選択肢に入れてみてはいかがでしょう。リフォームで床暖房をするときは部屋だけでなく浴室やトイレ、廊下といった部分にも活用できます。床暖房なら家中の温度差をなくすすることも可能なので、ヒートショックで命を落とす心配もなくなります。

 

問題はリフォームの料金でしょう。床暖房のリフォームかかる費用を一括で見積もりができるサイトがあるので、それを活用すれば手間が省けいちいち資料請求や電話をしなくてすみます。相談すると断りづらい、後でもっといい業者が見つかり損をした気分になる、業者がありすぎてめんどくさいなど問題をすべて解決できるのが一括見積もりサイトのメリットです。

床暖の電気代ってどれくらい?

床暖リフォーム料金

 

冬のフローリングでも、暖かく過ごすことのできる「床暖房」。とても快適に過ごせるため、導入する家庭も増えています。便利な床暖房ですが、気になるのが電気代です。冬はエアコンやヒーター・こたつなどを使うため、他のどの季節よりも電気代が掛かります。一般的に床暖は高いと言うイメージの人が多いかもしれません。快適でも家計に負担が掛かっては、積極的に使うのを避けてしまうこともあるでしょう。これから床暖房を導入しようとしている家庭は、おおまかな電気代の目安を知っておくと参考になります。まず床暖房には大きく分けて、電気ヒーター式と温水循環式があるのです。温水循環式はガスやヒートポンプ・灯油などを熱源とします。電気ヒーター式の熱源は電気のみです。

 

種類によっても電気代は変わってくるのです。まず電気のみの熱源を使うものを見ていきましょう。1ヶ月に掛かる電気代は、部屋の大きさでも大きく変わります。6畳は約3.900円・8畳は約6.100円・10畳は約7.300円・12畳は約8.500円・16畳は約11.500円が目安です。これに比べて温水式電気では、6畳は約2.100円・8畳は約2.800円・10畳は約3.900円・12畳は約4.900円・16畳は約6.500円と安く済むことがわかります。温水式ガスの場合は、電気式・温水電気式の中間くらいの金額になります。これは1日約8時間ほど使った計算としての金額です。

 

部屋が広ければ広いほどおのずと電気代は上がってきます。マンションなどでは元々設置してあることも多く種類は選べませんが、これから設置する時はどのタイプが合うか吟味して見ると良いです。床暖房は設置費用は高くつきますが、メリットもたくさんあります。エアコンのように乾燥しないし、ホコリが舞うことがないので空気が綺麗です。アレルギーなどに悩む人は、特におすすめします。他の暖房器具を使わなくてもほんのり部屋全体が暖まるので、毎日気持ち良く過ごせるでしょう。

床暖設置の料金相場

床暖リフォーム相場

 

床暖は人が歩く時の基本である床を暖めることで、寒さをしのぐことができる暖房です。実際にそれを導入した場合、ファンヒーターやストーブを要らないほど暖かいこともあり、しかも燃焼を行わないため空気も汚れずクリーンな空間を維持できる魅力があります。お年寄りや子供、ペットがいる家庭では好評で、最新の住宅では床暖設備を導入していることも多いです。その方式には温水式と電気式の二つが存在し温水式は水を温め、その温水を床に巡らせた配管を循環させることで暖める形になります。

 

一方、電気式は温熱パネルを床に貼り、そのパネルにはヒーターが通っているため、そのヒーター熱によって床を暖めます。床暖は既存住宅でもリフォームを行うことで導入することも可能で、その料金相場は方式によって違いが生じるのが一般的です。また実際の料金の内訳には、まずユニット機材を導入する本体費用、それ以外には配管など構築する上での資材費、他に資材を使って行う工事費の二つに分けられます。もっとも床暖で温水式を選択した場合で15畳の部屋を床暖にすると、ユニット本体費用がメーカーによりますが約20〜30万円となり、それに配管を巡らせる工事費が約30万円ほどかかるので資材費などを入れれば、60万円以上はかかってしまう計算になります。

 

一方、電気式の場合だと本体価格で80万円前後かかり、工事費で20万円となりますので、トータルで100万前後が相場になります。もっとも床暖で導入のための料金相場を押さえておくことは重要ですが、実際にひと冬を過ごす上でランニングコストがどのくらいになるかも試算しておくこともポイントです。ランニングコスト面においては、温水式の方が熱せられた温水を循環させる形態となるため、それの方がコスト面を抑制することができるかもしれません。しかし電気式はヒーター熱を使うため、使い方によっては電気代が嵩む可能性もありますが、寒い朝などで即効で暖めてくれる点でも優れており、ランニングコスト以上の価値を有する場合もあります。

床暖のメリット・デメリット

床暖リフォームメリット

 

最近はマンションなどの新築物件において床暖房がデフォルトで設置されている物件が増えてきました。マンションに限らずリフォームで床暖を設置する場合や公共施設などでも暖房の代わりとして設置されるケースが多くなっています。それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。まずメリットとしては足元が暖かければ、体温を保持しやすいのと暖かく感じられる事です。座っていれば暖房が触れる面積が多くなりますし、ファンヒーターと違って風もきませんので肌が乾燥しづらいため女性にとって非常に嬉しい暖房機器といえます。また熱器具は大抵の場合、導線を熱したり、石油を燃やしたりと非常に高温になる部分が存在しますが、床暖の場合は、非常に高温になっている部分は人体に触れる危険が全くありませんので小さいお子さんがいるご家庭においても最も安全な冬用の器具といえます。

 

一方でデメリットも存在します。それは部分暖房ができない点です。一部の機種では、部分的に保温する事もできますが、全体の半分だったりと大まかなケースがほとんどです。そのため人がいない部分も暖房しなければならず、効率的な暖房にはならない場合が結構あります。それともう一つデメリットをあげるならばほとんどの場合、電気を使用する点です。他の暖房器具などにも言える事ではありますが、万が一停電が発生してしまったら、寒い思いをしなければなりません。例えば石油ストーブなどの電気以外の暖房器具があればいいのですが、電気だけに頼ってしまうと多少リスクが高くなる事も頭の片隅に入れておいたほうが良いでしょう。

 

また当然の事ながら、暖房器具を買うというよりは工事が伴いますので導入費用が高額です。100万円単位で費用がかかる事から費用だけみるのであれば通常の暖房器具を購入したほうがコストパフォーマンスは良いです。ただ前述したメリットは非常に魅力的ですので、その辺を考慮しながら購入するのがベストと言えます。

エコキュートを利用した床暖ってどう?

床暖リフォーム利用

 

床暖房には電気ヒーター式と温水循環式とがありますが、エコキュートを利用した場合は、温めたお湯を床下に流すことで床を温めるので後者の方になります。床暖房を検討されていて、既にエコキュートをお使いの場合やこれから設置する予定の場合は、電気ヒーター式ではなく、無駄な工事の必要がないため、この温水循環式の床暖房を選択されることが多いです。

 

床暖房をエコキュートにするメリットとはどのようなことがあるのでしょうか?エコキュートが電気代を抑えることができるのは、電気料金の安い夜間にお湯を作って貯めておくためです。それに加え、電気と大気熱を1対2の割合で利用してお湯を作る仕組みになっているため、さらに電気代の節約になります。
ですので、なるべく電気代を抑えて床暖房を利用したい人にはおすすめです。しかし、一方でデメリットもあります。エコキュートは、床暖房だけでなく家全部の給湯をまかなっているため、必要以上にお湯を使い過ぎると、大事な部分でお湯が不足してしまうということにもなりかねません。

 

その結果、夜間に作られたお湯だけでは足らず、電力の高い日中にお湯を追加で作らなくてはならなくなり、電気代が抑えられるどころか余計に高くなってしまいます。このように、床を温める時間が長い場合にはエコキュートによる床暖房は不向きになってしまいます。寒冷地など外気温が低い土地では、加熱機能も下がり必然的に床を温める時間は長くなるので、この方法は適さないと言えます。もし使用する場合には、ファンヒーターと併用することをおすすめします。使用回数と時間を減らすことができるので、コストを抑えることができ、おすすめです。エコキュートでの床暖房は、電気代を抑えることができ、コストの面では非常に魅力的です。しかし一方で、デメリットがあるのも事実ですので、自分の住んでいる場所や家の設備などをよく考えた上で検討し、利用することをおすすめします。